地域づくり先進地視察研修
-地域づくりの先進地、視察先を提案して下さい。
#article
**伊賀流まちづくりから学ぶコミュニティ計画(1/12) [#rfc7b3da]
> (2010-01-12 (火) 22:54:18)&br;
美麻地域づくり委員会ではじめての先進地視察研修が行われました。
視察先は、三重県伊賀市
&attachref(./100112_1.jpg);
懸案となっていた第2分科会の地区別計画の勉強に島ヶ原まちづくり協議会(旧島ヶ原村)にお邪魔しました。
合併時に全市で地区別計画策定と総合計画への位置付けが確立していた伊賀市の中で、美麻地区と成り立ちが似通っている島ヶ原地区に美麻のコミュニティ計画へのヒントがあるはず...
視察先の島ヶ原会館は市の施設でしたが、まちづくり協議会が指定管理者として管理しており、視察には会長、副会長さん4名と市の担当者2名が対応してくれました。
&attachref(./100112_2.jpg);
お忙しい中時間を割いていただきありがとうございました。有意義な勉強をさせていただきました。(でも片道5時間日帰りはけっこう疲れますね (..; 運転手さんご苦労様でした)
視察の報告は他の参加者の方よろしくお願いします

//
- 教えていただいたホームページを見たらすでに視察の様子がupされていました。http://ict.easymyweb.jp/member/shimakyo/ -- [[おおつか]] &new{2010-01-12 (火) 23:07:17};

#comment

**先進地視察研修10/4(かつぬま朝市) [#v9daf2a7]
> (2009-10-06 (火) 19:00:57)&br;
-かつぬま朝市を視察
アドバイザイーの鈴木先生の推薦もあり、住民が勝手に始めたという[[かつぬま朝市>http://haj.web.infoseek.co.jp/]]を見学に行きました。
会場は、企業さんの社有地ということでとても広い場所でした。
9時半過ぎに到着すると、すでに駐車場は車で満杯状態。
&attachref(./091004_1.jpg);
朝市会場には、何十ものテントが軒を連ねていました。
&attachref(./091004_3.jpg);
ここの朝市の特徴は、朝市からイメージされる農産物にこだわっていないところ。(整体や自動車も売っていた)
&attachref(./091004_2.jpg); &attachref(./091004_4.jpg);
-[[フットパス>http://footpath.seesaa.net/]]の参加者も募集していました。
&attachref(./091004_6.jpg);
-主催の方々にお話を聞いてみた。
きっかけは、4年前から合併後の地域活性化を考えた人たちが、自分たちのできることをとテント2つで始めたとのこと。
市内では他でも朝市を始めているが、ここは行政が一切入っていないのが特徴。朝市をまちづくりから考えることはやめたほうが良い。まずは、参加者が楽しくなければとのこと。
ここの参加者には、ほとんどプロはいない。誰もが楽しむ目的で集まってきている。
-参加のしやすさ
500円の参加費で、誰でも参加できる。(当日でも可、この日も3組いると言われた)
地元に限らず、県内、県外から多くの参加者があり、朝市でコミュニケーションしながら商品開発もしているとのこと。
参加しやすい状況を作るために、陰で支える方の気配りも大変なものと感じた。
-お世話になっている江戸川大学鈴木先生のゼミ生がヒアリングに来ていた。
&attachref(./091004_5.jpg);

//

#comment

**9/29鬼無里の麻かき作業を視察 [#hd410395]
> (2009-09-30 (水) 13:00:14)&br;
大いなる信州麻展と鬼無里の麻かきの視察を行いました。
-大いなる信州麻展
ちょうど、小学生が沢山見学に来ていたので「麻って知ってる?」と聞いてみると。全員「知らない」との返答。
&attachref(./0929_kensyu_1.jpg,66%);
ならばと、参加者で展示内容の説明をしてあげました。
熱心にメモを取る中で、一番興味を示していたのはやはり[[伝統柔道畳>柔道畳のルーツを探る]]のようでした。
「家にもある」という子に、よく見てと縫い目を見せると「ほんとだ違う」との声。麻が日常生活で身近にないことがよく感じかれた。
-鬼無里で麻かき体験
今回のメイン、麻かき体験、実は10月のイベントの下見もかねているので、参加者にはかつて麻農家の方も多い。会場では小学生が体験学習をしていました。
&attachref(./0929_kensyu_2.jpg,66%);
ひと山越えた美麻と鬼無里、同じ作業でも微妙に違うらしい。
作業方法や用具の違いに話の花が咲いた。
麻かきの板も美麻は[[ホウノキ>http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%82%AA%E3%83%8E%E3%82%AD]]、鬼無里は[[シナノキ>http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%8A%E3%83%8E%E3%82%AD]]が使われていたとのこと。
&attachref(./0929_kensyu_3.jpg,80%);
美麻の父さん(手前)と鬼無里の母さん達(奥)使う道具は同じでも、よく見ると板を置いている場所が違う。
その昔、品質日本一と言われた美麻と生産量日本一と言われた鬼無里の麻の違いの秘密があるのかもしれない。
-アクセサリーをつけて作業?と思ったら、京都の大学生が伝統の技を解析するためにモーションキャプチャをしてると教えてもらいました。後継者がいない中、将来ロボットが作業するとうのは現実的なことかも知れない。
&attachref(./0929_kensyu_4.jpg,66%);

//

#comment

**先進地視察研修の参加者募集 [#s8b6068f]
>[[広報部会]] (2009-09-17 (木) 12:37:02)&br;
&size(20){視察研修の参加者を募集します。};
-)磴寮渋さ蚕冑元(麻煮、麻はぎ)
日 時 9月29日(火)
    8:30〜16:00(予定)
場 所 長野市鬼無里小学校
内 容 [[鬼無里小学校で行われる畳糸伝承教室>http://www.shinmai.co.jp/photo/200801/08012801.htm]]の作業を見学します。
参加費 無料(飲食は参加者負担)
-道の駅活性化の視察研修
日 時 10月4日(日)
    出発 7:00〜17:00(予定)
場 所 山梨県甲州市勝沼
内 容 住民が始めた朝市
   「[[かつぬま朝市>http://haj.web.infoseek.co.jp/]]」の見学
参加費 無料(飲食は参加者負担)
-参加申込み・お問合せは、
申込期限 9月25日(金)
事務局  電話 29-2311 まで

//

#comment


*2007年 [#l97da9f3]
第1回
**平成19年6月22日  [#k7a34bc1]
 山梨県北杜市の“文化資源活用協会”と“高根クラインガルテン”へ14名が参加して視察研修を行いました。

**視察の内容 [#p6dff874]
文化資源活用協会:(顕什發粒萢僂NPO活動、空き家の保全と活用
&attachref(./0622sisatu.jpg,66%); &attachref(./bunshikyo.jpg,66%);
高根クラインガルテン:|聾鬼浜組合による市民農園の指定管理、∨富な体験プログラム

#comment