知らせて美麻Show!(美麻地区の最新情報) Edit


(star)第34回美麻市開催 平成25年11月17日(日) (new) (star)

(star)定住促進住宅の入居者募集始まります (new) (star)
-広報みあさづくり通信11月号発行しました。
201311.jpg
美麻地区文化祭でゆるキャラ投票結果を発表 (star)

美麻Wiki-TV(ウィキテレビ) Edit


地域の話題をインターネットテレビで配信中、
10/27文化祭会場での公開収録(録画)
 

美麻Wikiとは Edit


美麻(みあさ)地区は、長野県北部の山あいにある人口は900人(H30年4月)ほどの小さな地区です。平成18年1月1日に大町市に合併して大町市美麻地区となりましたが、以前はこの地区だけで北安曇郡美麻村でした。村の始まりから、現在までの美麻の歴史や地域の名産品、温泉や観光情報など美麻地区の紹介をしいています。

美麻Wikiの運営についての議論使い方とマナーお問い合わせ

新着情報 (new) Edit


icon s.png
  • ページの編集でアイコンが表示できない場合、IEの場合は「互換表示設定」にしていただくか、Firefoxで表示をしてみてください。
3しかナン。.jpg
 

読んで美麻Show!(美麻地区の紹介 Edit

 
 
  • -

    地域の出来事/2019-12-06

    美麻小中学校
    夢の時間発表会
    5.6時間目
    学校運営協議会

    地域の出来事/2019-12-01

    • 花豆スイーツフェアー&移住フェア in 立川市
      立川 信濃大町アルプスプラザにて

    大町市姉妹都市立川市の大町市アンテナショップ 信濃大町アルプスプラザにて
    美麻の花豆スイーツ&移住相談会を行います。
    花豆のトリュフは新作です。

    011201.jpg

    地域の出来事/2019-11-21

    地域づくり会議から「小さな拠点」事業の大町市牛越市長への提案をしました。 Edit

    地域の出来事/2019-10-31

    • 道の駅活性化と「小さな拠点」づくりの説明会を開催
      72273530_2429793433808983_462291467784683520_n.jpg
      30歳代から70歳代まで30名以上の参加をいただき、道の駅活性化と「小さな拠点」づくりについての説明会を10月31日に開催しました。
       来場者を対象としたアンケート結果では、「住民の間に将来への希望が薄れ、集落を維持できるのだろうかという不安が広がっている」という設問への回答が75%と最も多く将来への関心の高さを伺うことができました。
      意見交換では、
      「地域の人口を増やす取り組みを」
      「若者が関心の持てる活動にすることが必要」
      「地域の仕事づくりが必要だ」
      「誰もが活動に参加できる仕組みづくりを」
      「交流人口を増やす取り組みを」
      「新たな道の駅の活用を模索する時期」
      「子どもたちからも意見を聞いてほしい」
      等々、多様な意見をお聞きできました。
       会の終わりには、参加された方より「合併して13年、地域の将来をみんなで話し合う会ができた。この取り組みを応援しなければいけない。」と活動へのエールを送っていただきました。今後は地域へ出向いての説明・意見交換会の開催や、提案いただいたテーマを絞っての意見交換会も実施していきます。

    地域の出来事/2019-10-20

    • 美麻地区文化祭開催
      文化祭s.png
      ぽかぽかランド美遊を会場に、10月19日・20日の2日間、美麻地区文化祭を開催しました。19日は雨天のため出足は芳しくありませんでしたが、20日は雨の影響もさほどなく、2日間通算で300人を超え、出店販売も賑わっていました。
       展示会場には、保育園児からお年寄りまで地域内外から500点を超える作品をお寄せいただき、今年も「ふるさと美麻会」の皆様からの出品もあり、役員の皆様が前日から準備してくださった会場は飾る場所に悩むほど、一杯となりました。19日の午後は「子育てセミナー」で親子工作教室を開催し、34名の参加をいただき、竹トンボとゴム動力船を作成し、完成後は親子で遊んでもらいました。
       20日の午前中は開会式とステージ発表を行い、保育園児の遊戯、育てる会の太鼓演奏や踊り、源流美麻太鼓の演奏などがありました。毎年行っていただいている、美麻小中学校7・8・9年生による「美麻市民科」の成果発表もあり、年々、発表内容やプレゼン能力が向上していると感じました。
       午後は、恒例の「オオマチみあさテレビ」の公開収録もあり、参加していただいた皆様には、1日を通して、十分に堪能いただけたのではないでしょうか。<美麻公民館
    • 地域の方々、お客様 各位
      文化祭2.png
      私たちは昨年度の9年生から「花MAME株式会社」を引き継ぎました。先日行われた地区文化祭では、「みあさのみ」や「花豆ようかん」などたくさんの商品を販売しました。このような形で販売活動ができたのは、花豆を育てていただいた皆様や、共に商品を開発していただいた方々、アドバイスをいただいた前川さんはじめ、地域の方々のおかげです。ありがとうございました。また、商品を買っていただいた皆様、本当にありがとうございました。引き継いでから初の販売で心配していましたが、買う際に一言声をかけていただいた方もいて、勇気をいただきました。また、当日の売り上げは総額で20万円を超え、収支では少しではありますが黒字になりました。1日がんばってとても疲れましたが、成果があがった喜びも同時に感じることができました。
       このお金については、花豆について広げていくための、販売促進に活かしていこうと考えています。まだまだ始まったばかりです。会計の計算や接客の対応でもうまくいかず、不安なこともたくさんあります。けれど地域の方の支えを実感することができたので、今の高校1年生の思いを受け継ぎ、これからも会社の目的である、地域活性化を目指してやっていきたいと思います。        
      (花MAME株式会社)

    美麻地区文化祭
    8:30から15:00
    ぽかぽかランド美遊
    ・各発表
    ・バザー
    美麻市

    地域の出来事/2019-10-19

    美麻地区文化祭
    午後
    ぽかぽかランド美遊

    地域の出来事/2019-10-11

    北は北海道、南は九州鹿児島 137名の先生が参観

    • 〜全国へき地教育研究大会・発表校に〜

    今年度、長野県が31年ぶりに会場県となり、県下10校の発表校の1つとして、10月11日(金)に美麻小中学校で授業参観や研究協議会がおこなわれました。1〜9年のすべてのクラスで授業や生活科・総合の時間の公開、そして本校で大切にしている歌声づくりや梨の木祭でも披露した「We are the world」の全校合唱を見ていただきました。学年ごとの学びのよさ、厚いご支援をいただいている地域連携の充実ぶり、また子どもたちが進めることで質も高まる合唱と、全国各地の先生方からたくさんの称賛や自身の学校でも実践してみたいとの声をいただきました。改めて本校の教育の方向性の確かさと充実ぶりを感じさせられた全国研究大会となりました。(記事作成者:盪浬喇А
    hekitikou01.png hekitikou02.png

    地域の出来事/2019-09-01

    美麻ロードレース2019
    ライブ中継

    地域の出来事/2019-08-03

    やまびこまつり

    地域の出来事/2019-07-22

    広報みあさづくり通信 Edit

    広報みあさづくり通信7月号を発行しました。
    No70.png
    大勢の皆さんから寄稿いただきありがとうございました。今回は12ページあります。
    今回載せられなかった記事は、次号に掲載させていただきます。

<< 2019.12 >>
[予定表]
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

美麻地区の行事予定を登録してください。予定を登録する日をクリックすると入力できます。
 

予定表 Edit

聞いて美麻Show!(お問い合わせ Edit


 質問や問い合わせ