ロッジ北林。信州白馬の宿。白馬岩岳の宿。スポーツ&文化系合宿の宿。グラウンドがある宿。自家栽培を中心としたお食事の宿。

トピックスページ

カテゴリーに関係なく新しい情報をこのページに書き込みま〜すっ。

パウダースキー

ゲレンデで最近よく見る太い幅のいわゆるバックカントリータイプのスキーは浮力が多く生まれて、中級ぐらいのテクニックが有ればある程度は深雪を滑れますね。
 パウダーを上手く滑るには板を左右、そして上下前後差が無い様なスタンス作りに心がけましょう。一番大事な事は外足が低くならないように持上げる感覚です。空中でも潜っても外足裏の小指側を高くセットします。写真はこれから雪に侵入する直前ですね。

体の外側の各ポジションが低くならないよう高くなるようにセットします。これにより深雪から受ける大きなパワーを貰えますから、筋力はいらなく効率の良い雪とのやりとりができます。連動して大事な事は上体の外側の各位置をターンと準方向に回転させる運動をつけボディー全体でターンをするイメージを心がけましょう。
 この時は表面が固まったクラスト深雪で最悪でしたが攻略を楽しみました。

 

CMH IN CANADA

2013年4月私はカナダに行きました。
カナダマウンテンホリデー通称CMH。
積雪期のヘリスキーツアーに参加しました。
 左はツアー前日、バンフ北部の氷河観光。
バックの湖はまだ凍結状態、もちろんレイクルイーズ湖も完全結氷していました。

 ヘリから降りてスキーを着けての滑り出し前の場面。天気快晴無風、積雪は30〜40cmのパウダーの大斜面がこの先に。S字のシュプールを順番に描きながら何本もいろんな斜面を滑る日本では味わえないタフでエネルギッシュなスキーに感激!参加者は世界中から、手前はスイスのミセスです。

 左はランチ、山中になんと別の機体が飛んできます。しかもパイロットは女性!
 スノーテーブルにクロスをかけ、スープやサンドウィッチ、クッキーにスウィーツなどおしゃれな演出にこれまた感激!
ヘリは12〜14人が乗れる大型タイプです。

ロングスロープを終えウェイティングの一時
バック右上部より40のパウダーを一気にやっつけました。なにせ1本が長くヘトヘトです。
テクニックもさることながら体力勝負!

左は京都のFSさん、中央は森山のYNさん。

春のアスパラ

 ロッジで採れた巨大アスパラ

メインプレートの付け合わせに登場します

ご賞味下さい。

 

きのこ

 秋も深まってきましたが先日こちらの山域に風吹大池という白馬大池より少し北よりに景勝地が有りますが、そこへ登ってきました。

写真はおそらく ツキヨタケ だとおもいますが見事な生え方でしたので収めてきました。

 

第二回白馬国際トレイルラン

 秋、9月に白馬で国際トレイルランが開催されました。のべ1100人程の参加人数で昨年に次いで二回目で素晴しい天候の中選手が白馬村山中を駆け抜けました。

岩岳もコースになっており写真は山頂の給水エイドの様子。飲む水とは別に頭から行水をするのがチョー気持ちいいらしいです。

 

ん〜何これ

 暑かった夏はロッジでスポーツ合宿がいくつか行われました。学生達のお楽しみは何と言っても食事
 特に夕食は信じられない程のご飯を食べてくれます。

これはそのシーン。そう白ご飯です。

茶碗の2倍の高さでエベレスト級

 

塩の道祭りと春の田植え


左上 大型連休塩の道祭り左の二人は?

左下 年中行事の田植え 全員一休み

右上 残雪をバックに田植えで

 

真冬の白馬

 今年は雪の日が多く厳冬期の白馬はとても魅力的です。そんな2月の雪の降る晩を少し散策しました。
左は雪降るロッジ 寒〜〜いっ!

左下は近所の居酒屋庄屋丸八
         熱燗でくい〜っ!

下は47スキー場のかまくらバー
         凍る〜っ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 チケット全般の情報は、白馬岩岳観光協会のサイト
をご覧下さい。

page top▲

 

 


 


  


 

page top▲